ページの本文へ

株式会社 日立国際電気

1.アナログ簡易無線機の使用期限について

簡易無線局の350MHz帯及び400MHz帯のアナログ方式の周波数の使用期限は、令和4年(2022年)11月30日までです。
平成20年(2008年)8月の総務省告示『周波数割当計画の改正』により、350MHz帯と400MHz帯の簡易無線局に新たにデジタル方式の周波数が割当てされました。 それに伴い、アナログ方式の周波数*1の使用期限が令和4年(2022年)11月30日までと規定されました。令和4年(2022年)12月1日以降、上記の周波数帯のアナログ簡易無線機の使用は電波法違反となり処罰の対象となります。デュアル方式のアナログモードにおいても同様です。

*1 アナログ方式の周波数
・348.5625MHz〜348.775MHzまでの18波
・348.7875MHz、348.8MHzの2波
・465.0375MHz〜465.15MHzまでの10波
・468.5500MHz〜468.85MHzまでの25波

2.現在、アナログ方式の簡易無線機を使用されている方は・・・

引き続き簡易無線局を使用する場合は、デジタル方式の簡易無線局を購入していただく必要があります。

・デジタル方式の簡易無線機はこちらをご覧ください。

  携帯型 車載型
シリーズ名 FL FV
区分 高機能版 簡単操作版
外観

※アナログ方式の簡易無線機シリーズ名一覧

  携帯型
シリーズ名 QT GT IT FT
外観
  車載型
シリーズ名 HF MR TR
外観

【シリーズ名と型式表記】
例:FTシリーズ EUM*−XXFT/XXXX

*EUMは(株)日立国際電気 登録商標です。(赤文字・下線部分がシリーズ名)

3.現在、デュアル方式の簡易無線機を使用されている方は・・・

ご利用の無線機は、令和4年(2022年)11月30日までにアナログ方式の周波数の発射を停止する処置(停波)が必要です。
停波処置については、弊社サービス会社(株式会社HYSエンジニアリングサービス)、または、ご購入いただいた特約店で、無線設備(無線機)の改修を行う必要があります。(お近くの特約店で改修対応ができない場合もあります)

※デュアル方式の簡易無線機シリーズ名

  携帯型
シリーズ名 FL
外観

【シリーズ名と型式表記】
例:FLシリーズ EUM*−05FL/C

*EUMは(株)日立国際電気 登録商標です。(赤文字・下線部分がシリーズ名)

4.ご注意

下記のいずれの場合も免許変更申請等の手続きが必要となりますのでご注意ください。
・アナログ無線機からデジタル無線機へ変更する場合
・アナログ方式の周波数の発射を停止する措置を行った場合
・簡易無線局を廃止する場合

5.ご不明な点は・・・

下記へお問い合わせください。
なお、問い合わせの際には、無線機本体、無線局免許申請書の控え(無線機型式、製造番号などが分かるもの)、購入先などの情報をお手元に準備いただくことで円滑に進めることができます。

(1)改修内容・対応に関すること
    ・コンタクトセンター
(2)無線機購入に関すること
    ・電話でのお問い合わせ
    ・フォームによるお問い合わせ

6.外部関連リンク

(出典)総務省 電波利用ホームページ
   「簡易無線局のデジタル化について」(https://www.tele.soumu.go.jp/j/ref/relate/dcr/index.htm)
(出典)一般社団法人 全国陸上無線協会
   「アナログ簡易無線局の使用期限」(http://www.rmk.or.jp/img/cr_use.pdf)

以上

*
こちらに掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。また、最新の情報とは内容が異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください。
イ、ツワテロエウ゚カネハモニオ_モ」サィハモニオ_ホ醴ケミヤノォク」タヤレマ゚ハモニオ